Excellula

コンセプトCONCEPT

年齢にゆるがない肌。
その鍵を握るのは、基底膜。

良好な基底膜の上には、新しく生まれた基底細胞が整列して生まれ、徐々に押し上げられていきます。しかし、基底膜がダメージを受けると、基底細胞がきれいに整列できなくなり、表皮全体の構造が不規則になってキメが乱れるために肌のハリや機能が弱くなる上に肌の表面が凹凸になってしまいます。

エイジングと肌の関係

基底膜とは

私たちの肌は、ターンオーバー(表皮細胞の生まれ変わり)やうるおいを維持する表皮と、ハリや弾力を支える真皮に分かれています。基底膜は、この表皮と真皮のあいだにある薄い膜のこと。わずか0.1ミクロンの膜ですが、表皮と真皮をしっかりつなぎとめ、スムーズに連鎖させながら、それぞれの動きをすこやかに保っています。
この基底膜がダメージを受けると、表皮にも真皮にも悪影響が及び、肌本来のみずみずしい艶感やハリが失われてしまうのです。
美肌の鍵を握り、肌年齢を決める司令塔とも言われる基底膜。
エイジング・スキンケアの領域で、様々な研究が進んでいます。

基底膜とは

エイジレスな表情を手に入れる、リンパ液の流れ

筋肉とリンパ液の流れに着目

エイジングとともに気になってくる「ハリのなさ・たるみ」は、『顔筋のゆるみ』や『リンパ液の停滞によるむくみ』が大きく影響しています。リンパ液は、血液と同様に栄養分を運び老廃物を取り除く働きがあります。全ての細胞はリンパ液(組織液)に満たされて生命活動を行っているので、その流れが滞ると栄養がゆき渡らないばかりではなく、老廃物が滞り、皮ふ細胞に影響します。

スキンケア化粧品を使用する際には顔の筋肉とリンパ液の流れをスムーズに促すことが重要だと佐藤製薬では考えています。

筋肉とリンパ液の流れに着目