“ヘルスケアイノベーション”を掲げ、
健康を追求してきた
佐藤製薬だからこそ
辿り着いたスキンケア
です。

ナイアシンアミドは、“美白&しわ改善” 両効果が認められている注目の有効成分です。佐藤製薬では1967年に発売された初代ユンケルから配合・研究を続け半世紀に渡り向き合ってきました。

  • 紫外線による過剰な
    メラニン生成をブロック!

  • 真皮まで届いて
    コラーゲン産生を促進、
    肌のハリUP!

更に!
セイヨウナシ果汁発酵液や和漢植物エキスで
保湿 ・角層ケアをサポート。
  • セイヨウナシ果汁発酵液

    エステ業界でも人気の角層ケア成分。表面に蓄積した不要な角層をやわらげて、肌のごわつきをケア!拭きとらないやさしい角層ケアで次に使う化粧水や乳液の浸透をサポートします。

  • 党参抽出物加水分解液

    しわ改善と美白の効能効果をもつ「ナイアシンアミド」のパワーを生かす和漢植物「トウジン」を独自に配合。

  • 28種の和漢植物エキス

    ユンケルでおなじみの佐藤製薬が長年の自社開発で培った生薬エキスの“ブレンド技術・知見” を活かし有効成分ナイアシンアミドと和漢植物エキスがそれぞれの部位で最適に働くよう絶妙なバランスで配合されています。

※メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。

  • ●「&ROSY」4,5月号
  • ●「MAQUIA」4月号
  • ●「美的」4,5月号
  • ●「美的 GRAND」春号
  • ●「VOCE」4月号
  • ●「GROW」4,5月号
  • ●「LDK the Beauty」4月号
  • ●「クロワッサン」4/10日号
  • ●「婦人公論」3/23日号
  • ●「大人のおしゃれ手帖」4月号
  • ●「pumpkin」4月号
  • ●「STORY」4月号
  • ●「lafarfa」5月号
  • ●「週間女性」3/16日号
  • ●「女性セブン」3/18日号
  • ●「bis」5月号
  • ●「女性自身」4/20日号
  • ●「レタスクラブ」5月号
  • ●「WWD JAPAN」2/15日号 順不同

皮脂膜とは?

汗と皮脂が混ざり合い形成される薄い膜で天然の保湿クリームとも呼ばれています。皮脂膜の整った肌は水分を留め、角層を育みバリア機能を高めてくれます。

  • 皮脂膜が乱れている肌

  • 皮脂膜が整った肌

約100年の研究開発で培った技術を化粧品へ

ユンケルで培った佐藤製薬独自の生薬研究の知見

ブレンド技術

20種の和漢植物エキス(生薬・ハーブエキス)独自の複合保湿成分を開発。

先端技術を応用した高浸透技術

ディープデリバリーシステム

驚きの
高浸透
技術!

美肌成分をナノ分子のミセル(集合体)に包み、徐々に放出させる「ディープデリバリーシステム」によって保湿成分等を角層深くまで浸透させ保湿力を持続。みずみずしいハリ・艶のある肌に導きます。

年齢サインの原因、黄ぐすみに着目した佐藤製薬の独自成分

エイジスクリアコンプレックス

独自成分!

複合保湿成分「エイジスクリアコンプレックス」が、くすみの原因となる古い角層をケア。明るく輝くようなハリ艶肌へ導きます。

肌にやさしい低刺激処方

5つのフリー

こだわり

パッチテスト※1・スティンギングテスト※2を実施しており、敏感肌の方でもお使いできるように考えられています。

  • アルコール
    フリー
  • パラベン
    フリー
  • 無香料
  • 無着色
  • 鉱物油
    フリー

*️全ての方に皮膚刺激が起こらないということではありません。
※1 肌に化粧品等を貼ってテストする方法 ※2 ピリピリ、ヒリヒリといった刺激感の有無をテストする方法

  • 角層ケアの大切さを実感!

    お肌を柔らかくするための乳液を重視していましたがホワイトニング リンクルリペアを使い始めてから乳液のなじみもよくなり角層ケアの大切さを感じています。ブースター⇒化粧水⇒乳液と使うことで、ふっくらなめらかな柔らかさを目指しています。

  • 肌がごわついていたので…

    マスクの日は肌がごわついていたので、ホワイトニング リンクルリペアを使い始めました。柔らかくうるおった肌を手に入れるために毎日お手入れ頑張ります!

  • お風呂上がりにとりあえず…

    お風呂あがりは子どもたちのお世話があるので、とりあえずホワイトニング リンクルリペアを急いでつけておきます。そのあとの化粧水をつけたときスッとなじんでくれるので助かっています。

  • パワーローション EXとの合わせ技!

    高保湿のパワーローション EXはずっと使っていましたが、ホワイトニング リンクルリペアのあとだとより肌なじみがよく、日中もずっとうるおっている感じがするので、これからの乾燥シーズンにも期待しています。

開発企画担当者

  • マスクによる肌トラブルが年齢サインの引き金に。

    マスク着用の長期化により、肌への影響が不安という声があちこちから聞かれます。
    マスクの下の肌では、擦れ、蒸れ、乾燥が起こり、肌トラブルが発生しやすい状態に。マスク生活が長期化した今、肌トラブルが解消されることなく悪循環を繰り返し、それが原因で肌トラブルの加速をまねいてしまう可能性も。生活様式の変化に伴い、スキンケアも見直していく必要性を感じています。

  • 肌トラブルのケアだけでなく、
    すこやかに肌を整える「根本ケア」が必要。

    マスクによる肌トラブルは、乾燥、ごわつき、肌あれ、シミ、ハリ不足、しわ…など様々です。
    これらをケアしながらも、すこやかに肌を整える“根本ケア”が重要だと考えています。肌本来がもっている美しさを引き出し、肌トラブルの起こりやすい環境下でもすこやかで美しい肌を保つことができると考えます。

  • 私がおすすめする3ステップケア

    まずは、マスクで擦れて生じた角層肥厚をブースター美容液でケアします。角層肥厚を放っておくと乾燥、肌あれ、ごわつきが慢性化し、小じわやハリの低下につながってしまいます。また、厚くなった角層では浸透が妨げられ、スキンケアの効果が発揮できなくなってしまうことも。うるおいがより届く肌に整えるために、洗顔後の最初のステップとして取り入れることをおすすめします。
    次はうるおいをたっぷり補給します。保湿力の高い化粧水をきちんと規定量使用します。
    そして最後に乳液でうるおいをしっかり保持させバリア機能をサポートし、肌を保護します。うるおいで満たされた肌は、肌トラブルに左右されにくいすこやかな美しい肌へ導いてくれます。


佐藤製薬が約100年培ってきた知見、技術、信頼を土台に、
佐藤製薬の視点からエイジングのメカニズムについて
研究を重ねてできたエイジングケア*1です。

*1 年齢にあったお手入れ